岩 村  武  Takeru Iwamura, Ph. D.

 

准教授 博士(工学)

 

   


E-mail:
iwamurat(ここに@を入れて下さい)tcu.ac.jp
   

 

研究分野

有機化学、高分子化学、材料化学グリーンケミストリー

研究課題
1. 分子レゴブロックポリマーの合成
2. ケミカルリサイクル性を有する架橋高分子の合成
3. 茶樹剪定枝の有効利用を目指した有機-無機複合材料の創製
4. マイクロ波照射を利用した省エネルギー化学合成
5. マイクロ波照射を利用したナノ材料およびサブミクロン材料の合成研究
6. マイクロ波照射を利用した重合反応および解重合反応に関する研究


趣味・特技

少林寺拳法 (正拳士四段権中導師
武器術
お笑い番組観賞(落語・漫才・バラエティー番組など)
 

出身地

大阪府柏原市

学歴

1989 年 近畿大学附属高等学校卒業
1993
年 近畿大学理工学部化学科卒業

1995 年 北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科機能科学専攻博士前期課程修了

1998 年 東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻博士後期課程修了 博士(工学)取得 

 

研究歴

1998 年   4月 東京工業大学資源化学研究所 博士研究員

2000 年   4月 株式会社創造科学研究所 研究開発部長

2002 年 10月 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻 博士研究員

2005 年   8月 静岡県立大学 助手 
2007 年   4月 静岡県立大学 助教
2012 年   4月 東京都市大学 工学部 エネルギー化学科 准教授

 

所属学会

日本化学会、有機合成化学協会、高分子学会、日本接着学会、日本ゾル−ゲル学会

研究業績東京都市大学 研究者情報でもご覧頂けます。)

学術論文

49)  Anionic Hydrogen-Transfer Polymerization of N-Isopropylacrylamide Under Microwave Irradiation.
    Takeru Iwamura, Kazufumi Ashizawa, Kaoru Adachi, Masato Takasaki
    Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, in press (Online Version). (About J. Polym. Sci. Part A)

48)  茶殻抽出物を活用した多孔質有機−無機ポリマーハイブリッドの合成
    岩村 武*, 足立 馨, 篠 征宏, 箱崎 泰己, 小林理沙
    ネットワークポリマー論文集, 40, 157-162 (2019).

47)  セルロース−シリカ透明ハイブリッド材料の合成とその可能性
    岩村 武*, 足立 馨
    マテリアルステージ, 19, 61-64 (2019).

46)  透明セルロース−シリカハイブリッド材料の開発
    岩村 武*, 足立 馨
    工業材料, 67, 58-62 (2019).

45)  Synthesis of De-crosslinkable Polyamide Having Hexaarylbisimidazolyl Moieties.
    Masato Takasaki, Takeru Iwamura*.
    Polymer, 158, 270-278 (2018). (About Polymer)

44)  ケミカルリサイクルを指向した環境高分子材料の開発
    岩村 武*
    塗装工学, 52, (9), 291-305 (2017). (About 塗装工学)

43)  Synthesis of cellulose/silica gel polymer hybrids via in-situ hydrolysis method.
    Takeru Iwamura*, Kenzo Akiyama, Taiki Hakozaki, Masahiro Shino, Kaoru Adachi
    Polymer Bulletin, 74, 4997-5009 (2017). (About Polym. Bull.)

42)  Enhanced thermal conductivity in immiscible polyimide blend composites with needle-shaped ZnO particles.
    Shoya Uchida, Tomoya Murakami, Takeru Iwamura, Ryohei Ishigea and Shinji Ando*
    RSC Advances, 7, 15492-15499 (2017). (About RSC Advances)

41)  Synthesis of recyclable molecular LEGO block polymers utilizing the Diels-Alder reaction.
    Shunsaku Motoki, Takeshi Nakano, Yudai Tokiwa, Kouhei Saruwatari, Ikuyoshi Tomita, Takeru Iwamura*.
    Polymer, 101, 98-106 (2016). (About Polymer)

40)  Synthsis of Submicrometer Zinc Oxide Particles and Zinc Oxide Nanowires Using Microwave Irradiation.
    Takeru Iwamura*, Shu-ichi Goto, Masato Sakaguchi, Yoshiki Chujo.
    Chemistry Letters, 45, 508-510 (2016). (About Chem. Lett.)

39)  Synthesis of Organic-Inorganic Polymer Hybrids Utilizing in-situ Anionic Hydrogen-Transfer
    Polymerization of Acrylamide.
    Takeru Iwamura*, Kaoru Adachi, Yoshiki Chujo.
    Polymer, 92, 13-17 (2016). (About Polymer)

38)  Suppressed Release of Clarithromycin from Tablets by Crystalline Phase Transition
    of Metastable Polymorph Form I.
    Sadahiro Fujiki, Narumi Watanabe, Yasunori Iwao, Shuji Noguchi, Midori Mizoguchi,
    Takeru Iwamura,Shigeru Itai*.
    Journal of Pharmaceutical Sciences, 104, 2641-2644 (2015). (About J. Pharm. Sci.)

37)  Synthesis of organic-inorganic polymer hybrids from acrylate polymer having a triphenylimidazole moiety
    via π-π interactions.
    Masato Takasaki, Kento Hiroki, Takeru Iwamura*.
    Polymer Bulletin, 72, 645-651 (2015). (About Polym. Bull.)

36)  Synthesis and Properties of De-cross-linkable Acrylate Polymers Based on Hexaarylbiimidazole.
    Takeru Iwamura*, Saori Nakamura.
    Polymer, 54, 4161-4170 (2013). (About Polymer)

35)  Evaluation of Chlorinated Benz[a]anthracene on Hepatic Toxicity in Rats and Mutagenic Activity
    in Salmonella typhimurium.
    Taketoshi Kido, Hiroyuki Sakakibara, Takeshi Ohura, Mitsuhiro Kojima, Jun Hasegawa, Takeru Iwamura,
    Noriko Yamanaka, Shuichi Masuda, Masato Sakaguchi, Takashi Amagai, Kayoko Shimoi*.
    Environmental Toxicology, 28, 21-30 (2013). (About Environmental Toxicology)

34)  A Comparative Study of Glycerin Fatty Acid Ester and Magnesium Stearate on the Dissolution of
    Acetaminophen Tablets using the Analysis of Available Surface Area.
    Takeaki Uchimoto, Yasunori Iwao, Kana Takahashi, Shoko Tanaka, Yasuyoshi Agata, Takeru Iwamura,
    Atsuo Miyagishima, Shigeru Itai*.
    European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, 78, 109-114 (2011).  
    (About Eur. J. Pharm. Biopharm.)

33)  Identification and Characterization of Nanosized Tripuhyite in Soil Near Sb Mine Tailings.
    Satoshi Mitsunobu*, Yoshio Takahashi, Satoshi Utsunomiya, Matthew Marcus, Yasuko Terada, 
    Takeru Iwamura, and Masahiro Sakata.
    American Mineralogist, 96, 1170-1181 (2011).  (About American Mineralogist)

32)  Formation of Macroporous Organic-Inorganic Polymer Hybrids using Tea Extract.
    Takeru Iwamura*,and Masato Sakaguchi.
    Journal of Applied Polymer Science, 122, 926-931 (2011). (About J. Appl. Polym. Sci.)

31)  ポリスチレン-シリカポリマーハイブリッドの内部環境を利用した熱化学反応
    岩村 武、後藤修一、坂口眞人、中條善樹*
    高分子論文集, 67 (9), 516-520 (2010).  (About Kobunshi Ronbunshu)

30)  マイクロ波照射を利用した環境適合型ポリアミド系高分子の合成と加水分解
    岩村 武*、芦沢一史、坂口眞人
    日本接着学会誌, 46 (8), 301-307 (2010).

29) 
電子スピン共鳴法を用いたアガロースゲルの内部環境に関する研究
    岩村 武*、坂口眞人
    高分子論文集, 67 (4), 248-253 (2010).
  (About Kobunshi Ronbunshu)

28)  Simple and Rapid Eco-Friendly Synthesis of Cubic Octamethylsilsesquioxane Using Microwave Irradiation.
    Takeru Iwamura, Kaoru Adachi, and Yoshiki Chujo*.
    Chemistry Letters, 39, 354-355 (2010).  (About Chem. Lett.)  
   
    ※上記論文は、Editor's Choice論文に選ばれました。  (About Editor's Choice)

27) 
ポリビニルピロリドンとアルコキシシランから得られるポリマーハイブリッドの内部環境を利用した熱化学反応
    岩村 武、後藤修一、坂口眞人、中條善樹*
    高分子論文集, 67 (2), 129-134 (2010).
  (About Kobunshi Ronbunshu)

26) 
電子スピン共鳴法を用いた卵白アルブミンのゲル化に関する研究
    岩村 武*、坂口眞人
    高分子論文集, 67 (2), 110-116 (2010).
  (About Kobunshi Ronbunshu)

25)  Efficient and Eco-Friendly Anionic Polymerization of Acrylamide under Microwave Irradiation and Hydrolysis 
    of the Obtained Polymers by Microwave Irradiation.
    Takeru Iwamura*, Kazufumi Ashizawa, and Masato Sakaguchi.
    Macromolecules, 42, 5001-5006 (2009).  (About Macromolecules)

24)  Synthesis of Organic-Inorganic Polymer Hybrids from Poly(vinyl chloride) and Polyhedral Oligomeric
    Silsesquioxane via CH/π interaction.
    Takeru Iwamura, Kaoru Adachi, Masato Sakaguchi, and Yoshiki Chujo*.
    Progress in Organic Coatings, 64, 124-127 (2009).  (About Prog. Org. Coat.)

23)  A Novel Decrosslinking System from Crosslinked Polymer to Linear Polymer Utilizing Pressure or Visible
    Light Irradiation.
    Takeru Iwamura*, and Masato Sakaguchi.
    Macromolecules, 41, 8995-8999 (2008).  (About Macromolecules)

22)  Synthesis and Photoluminescence Properties of Pyrene-Incorporated Organic-Inorganic Polymer Hybrids.
    Kenta Kokado, Takeru Iwamura, and Yoshiki Chujo*.

    Polymer Journal, 40, 402-408 (2008).  (About Polym. J.)

21)  Molecular Mobility of Peroxy Radicals at the Ends of Nonisolated Polystyrene Chains Tethered on the Solid
    Surface of Poly(tetrafluoroethylene) in a Vacuum.
    Masato Sakaguchi*, Takeru Iwamura, Katsuhiro Yamamoto, Yohei Miwa, Shigetaka Shimada,
    and Masahiro Sakai.

    Macromolecules, 41, 253-257 (2008).  (About Macromolecules)

20)  有機−無機ポリマーハイブリッドの内部環境を利用した材料創製
    岩村 武*
   
静岡県立大学環境科学研究所年報2006, p.145-151 (2007).


19)  Molecular Mobility of Peroxy Radicals at the Ends of Isolated Polystyrene Chains Tethered in the solid Surface
    of Poly(tetrafluoroethylene) in a Vacuum.
    Masato Sakaguchi*, Katsuhiro Yamamoto, Yohei Miwa, Shigetaka Shimada, Masahiro Sakai,
    and Takeru Iwamura.

    Macromolecules, 40, 1708-1712 (2007).  (About Macromolecules)

18)  Synthesis and Radical Polymerization Behavior of Bifunctional Vinyl Monomer Derived from
    N-Vinylacetamide and p-Chloromethylstyrene.
    Takeru Iwamura, Tomoyuki Nakagawa, and Takeshi Endo*.
    Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 44, 2714-2723 (2006).  (About J. Polym. Sci. Part A)

17)  Microwave Assisted Synthesis of Organic-Inorganic Polymer Hybrids.
    Kaoru Adachi, Takeru Iwamura, and Yoshiki Chujo*.
    Polymer Bulletin, 55, 309-315 (2005).  (About Polym. Bull.)

16)  Synthesis of pH Sensitive Organi-Inorganic Polymer Hybrids.
    Takeru Iwamura, Kaoru Adachi, and Yoshiki Chujo*.
    Polymer Bulletin, 53, 89-95 (2005).   (About Polym. Bull.)

15)  Novel Synthesis of Submicormeter Silica Spheres in Non-alcoholic Solvent by Microwave-assisted
    Sol-Gel Method.
    Kaoru Adachi, Takeru Iwamura, and Yoshiki Chujo*.
    Chemistry Letters, 33, 1504-1505 (2004).  (About Chem. Lett.)

14)  Synthesis of Poly(vinyl chloride) and Silica Gel Polymer Hybrids via CH/
π interaction.
    Takeru Iwamura, Kaoru Adachi, and Yoshiki Chujo*.
   
Polymer Journal, 36, 871-877 (2004).  (About Polym. J.)

13)  Selective Radical Cyclopolymerization of Bifunctional Vinyl Monomer Derived from N-Vinylacetamide.
    Takeru Iwamura, Yosuke Morioka, Tomoyuki Nakagawa, and Takeshi Endo*.
    Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 42, 6384-6387 (2004).   (About J. Polym. Sci. Part A)

12) 
有機-無機ハイブリッド微粒子
    
岩村 武, 中條善樹*.
    高分子, 52 (9), 692-695 (2003).


11)  New Preconcentration System Based on Steam Distillation for Dioxin Analogs.
    Takeru Iwamura*, Junji Hirayama, and Jun-ichi Iwamura.
    Chemistry Letters, 31, 972-973 (2002).  (About Chem. Lett.)

10) 
N-ビニルアセトアミド骨格を有するモノマーを基盤とする新規高分子合成
    岩村 武, 遠藤 剛*
   
接着, 45 (3), 105-109 (2001).


9)   Reaction of p-Toluenesulfonyl Isocyanate and Polymer Having Amide Moieties and Hydrokysis of
    the Obtained Polymer.
    Takeru Iwamura, Ikuyoshi Tomita, Masato Suzuki, and Takeshi Endo*.
    Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 38, 3440-3449 (2000).  (About J. Polym. Sci. Part A)

8)   Hydrogen-Transfer Polymerization of N-Acylacrylamide Derivatives.
    Takeru Iwamura, Ikuyoshi Tomita, Masato Suzuki, and Takeshi Endo*.
   
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 38, 430-435 (2000).  (About J. Polym. Sci. Part A)

7)  
新製品の開発(第10報) -商品の安全性-
    岩村淳一*, 岩村 武 
    近畿大学短大論集, 33 (1), 21-30 (2000).

6)   Hydrogen-Transfer Polymerization of Vinyl Monomers Derived from p-Tolyl Isocyanate and
    Acrylamide Derivatives.
    Takeru Iwamura, Ikuyoshi Tomita, Masato Suzuki, and Takeshi Endo*.
    
Reactive and Functional Polymers, 40, 115-122 (1999).  (About React. Funct. Polym.)

5)   Hydrogen-Transfer Polymerization of Vinyl Monomers Derived from 4-Methylbenzoyl Isocyanate
    and Acrylamide Derivatives.
    Takeru Iwamura, Ikuyoshi Tomita, Masato Suzuki, and Takeshi Endo*.
    Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 37, 465-472 (1999).  (About J. Polym. Sci. Part A)

4)   Hydrogen-Transfer Polymerization of Vinyl Monomers Derived from p-Toluenesulfonyl Isocyanate
    and Acrylamide Derivatives.
    Takeru Iwamura, Ikuyoshi Tomita, Masato Suzuki, and Takeshi Endo*.
    Bulletin of the Chemical Society of Japan, 71, 1137-1144 (1998).  (About Bull. Chem. Soc. Jpn.)

3)   Synthesis and Radical Polymerization of Vinyl Monomer Having Sulfonylacylurea Moiety
    and Hydrolysis of the Obtained Polymer.
    Takeru Iwamura, Ikuyoshi Tomita, Masato Suzuki, and Takeshi Endo*.
    Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 36, 1515-1519 (1998).  (About J. Polym. Sci. Part A

2)    Novel Hydrogen-Transfer Polymerization of Vinyl Monomer Derived from p-Toluenesulfonyl Isocyanate and
     Acrylamide.
     Takeru Iwamura, Ikuyoshi Tomita, Masato Suzuki, and Takeshi Endo*.
     Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 36, 1491-1494 (1998).  (About J. Polym. Sci. Part A)

1)    Total Synthesis of (2S, 3S, 4R)-2-[(2'R)-2-Benzoyloxydocosanoylamino]-16-methylheptadecane-1,3,4-triol
     3,4-Dibenzoate, a Partially Protected Ceramide Part of Sponge Cerebrosides.
     Hideki Nakashima, Norihiko Hirata, Takeru Iwamura, Yoshiro Yamagiwa, and Tadao Kamikawa*.
     Journal of the Chemical Society, Perkin Transaction 1, 2849-2857 (1994).
     (About J. Chem. Soc. Perkin Trans 1)


学会活動

   こちらをクリックして下さい。

 



著書

6) Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials 
   -Organic-Inorganic Polymer Hybrid Materials: Sol-Gel Reaction
   pp.1469-1475 , Springer (July 13, 2015).
   Takeru Iwamura,
Masato Takasaki


5) 架橋の反応・構造制御と分析 事例集(分担執筆)
   pp. 602-607, 技術情報協会(2014年1月31日)
   岩村 武


4) 新材料・新素材シリーズ シルセスキオキサン材料の化学と応用展開(分担執筆)
  pp. 85-95, シーエムシー出版(2013年6月7日)
  岩村 武・坂口眞人・中條善樹


3) ナノ粒子・マイクロ粒子の調製と応用技術(分担執筆) 
  pp. 25-33, シーエムシー出版(2010年4月22日)
  岩村 武・中條善樹


2) シルセスキオキサン材料の化学と応用展開(分担執筆)
  pp. 85-95, シーエムシー出版(2007年7月27日)
  岩村 武・坂口眞人・中條善樹


1) ナノ粒子・マイクロ粒子の最先端技術(分担執筆)
  pp. 25-33, シーエムシー出版(2004年10月30日)
  岩村 武・中條善樹



講演・報道等
 

48) 第13回フォトニクスポリマー研究会講座  透明材料の高機能化最前線
   天然物とガラスのハイブリッドによる透明新材料(2019年3月14日)


47) 2018年度 繊維学会東北・北海道支部講演会 新規材料創成のための合成技術の最前線
   可逆的共有結合を利用したリサイクル性高分子の創成(2019年1月22日)


46) 自然界の有機材料と無機材料を分子レベルで合体 「植物繊維×ガラス」のハイブリッド材料を開発
   月刊ビジネスアイ エネコ 10月号(Vol. 51, No. 10) pp.36-39 (2018) (2018年10月1日) 


45) 高分子架橋・解架橋入門講座
   江東区産業会館 第2会議室 (2018年9月19日)


44) 生成が容易で高透明度を実現した「セルロース・ガラス」ハイブリッド材料
   工業材料 9月号 (Vol. 66, No.9) p.37 (2018) (2018年9月1日)


43) TBSテレビ系列「未来の起源」で、当研究室で取り組んでいる
   有機−無機ハイブリッド材料について紹介されました。 (2018年8月12日)


42) セルロースとガラスから  新しい有機・無機ハイブリッド材料を開発
   東京都市大研究チーム
   交通毎日新聞 朝刊2面 (2018年7月2日)


41) 東京都市大 車両重量25%低減 セルロースを用いたハイブリッド材料生成
   日刊自動車新聞 朝刊3面 (2018年6月29日)


40) セルロースとガラス混合 東京都市大が複合材 車部品に応用へ
   日刊工業新聞 朝刊23面 (2018年6月28日)


39) 東京都市大、セルロースとガラスのハイブリッド材料を試作
   国立環境研究所 環境展望台 (2018年6月27日)


38) セルロース×ガラス、部品軽量化へハイブリッド新材料
   東京都市大、乗用車への採用で焼く22%軽量化と試算
   日経XTEC (2018年6月26日)


37) ガラス含有セルロース 東京都市大 透明フィルム開発
   化学工業日報 朝刊1面 (2018年6月26日)


36) セルロースとガラスから新しい有機・無機ハイブリッド材料を生成
   ニコニコニュース  (2018年6月25日)


35) セルロースとガラスから新しい有機・無機ハイブリッド材料を生成
   グノシー  (2018年6月25日)


34) 都市大、透明度が高く生成も容易な「セルロース×ガラス」のハイブリッド材料を開発―
    ―自動車部品などの軽量化による環境負荷軽減への貢献に期待
    fabcross for エンジニア  (2018年6月25日)


33) 東京都市大など、植物繊維とガラスのハイブリッドによる新素材を開発
   BIGLOBEニュース (2018年6月25日)


32) 東京都市大など、植物繊維とガラスのハイブリッドによる新素材を開発   
   財形新聞 (2018年6月25日)


31) セルロースとガラスから新しい有機・無機ハイブリッド材料を生成
    マイナビニュース (2018年6月25日)


30) 都市大,植物とガラスから透明材料を作成
   OPTRONICS ONLINE (2018年6月22日)


29) 透明度が高く、生成も容易に 「植物繊維×ガラス」ハイブリッドな新材料を開発
   〜自動車部品などに応用、環境負荷軽減への貢献に期待〜
   東京都市大学ニュースリリース (2018年6月22日)


28) 可逆的共有結合を基盤としたリサイクラブル高分子の合成
   高分子学会 17-1無機高分子研究会 和光純薬工業(株)湯河原研修所 (2017年10月13日〜14日)


27) 高分子架橋・解架橋入門講座
   商工情報センター(カメリアプラザ) 9階研修室 (2017年9月20日)


26) 高分子の架橋・解架橋のメカニズムや各種分析・評価技術からケミカルリサイクルに向けて分子設計まで
   情報機構 産業貿易センター台東館2階会議室 (2017年6月22日)


25) マイクロ波照射による高分子の迅速エコフレンドリー合成と分解
   イノベーション・ジャパン2015(2015年8月27-28日)


24) マイクロ波照射を利用した無機酸化物および有機高分子の迅速合成
   イノベーション・ジャパン2014(2014年9月11-12日)


23) 「【大学発 日本 人と技術】日本を支える研究活動と技術開発」
   SankeiBiz (2014年9月3日)


22) グリーンケミストリーを指向する化学合成
   青山学院大学理工学部 化学・生命科学科第15回機能物質化学講演会 (神奈川県)
   2013年8月2日  


21) 低環境負荷と環境調和を目指した化学合成
   近畿大学分子工学研究所講演会(福岡県)2012年9月24日 


20) 東京理化器械(EYELA)のWebサイト、およびカタログで我々の研究グループのデータが紹介されています。
   EYELA Web サイト EYELAカタログ p.69


19) ”EYELAめいと”で紹介されました。
   EYELAめいと, Vol. 84, p.6 (2012年3月発行)


18) SBSメディアサービスから取材を受けました。
   職場体験サポートブック 未来map p.50-51 (2012年1月発行)


17) 「茶研究 最前線 〜県立大から 廃棄枝葉の有効利用 多孔質材料を容易に合成」が静岡新聞に掲載されました。
   静岡新聞朝刊 2012年1月30日


16) 静岡市葵区松野小学校で行ったサイエンス教室に関する記事が静岡新聞に掲載されました。
   静岡新聞朝刊 2011年10月22日


15) 「緑茶抽出物を利用した有機―無機ハイブリッド材料に関する研究」について
   静岡あさひテレビ「とびっきり静岡」で放送されました。
   静岡あさひテレビ「とびっきり静岡」 2011年7月4日放送


14)  マイクロ波照射を利用したポリアミド樹脂の合成と分解に関する研究が静岡新聞に掲載されました。
    静岡新聞朝刊 2010年9月20日


13)  笑いと研究の類似性 (グローイングポリマー)
    高分子,
59 (9), 696 (2010).
(2010年9月1日発行)


12)  エコフレンドリーな高分子材料の創製とエコフレンドリーな合成法の開拓を目指して
    日本大学工学部物質工学科講演会(福島県) 2010年4月16日


11) 低環境負荷を目指した高分子合成・材料合成
    東京工業大学大学院総合理工学研究科物質電子化学専攻 講演会(神奈川県)2010年1月22日


10) 高分子 -その光と影-
   静岡県立大学環境科学研究所 環境リレーコラム 第5号(2009年2月号)


9)  日本化学会機関紙『化学と工業』に掲載された京都大学中條善樹先生の回想録中で取り上げて頂きました。
    化学と工業,
61 (11), 1056-1058 (2008). (2008年11月1日発行)


8)  低環境負荷と環境調和を目指した材料合成
    山形大学第327回VBL談話会/第529回材料談話会(山形県)2008年10月31日


7)  ゾル−ゲル反応を基盤とした有機-無機ハイブリッド材料の創製
    第3回相模ケイ素材料フォーラム(神奈川県) 2008年8月28日


6)  シルセスキオキサンを用いた有機−無機ハイブリッド材料
    株式会社技術情報協会電気系セミナー(東京都) 2007年9月26日


5)  有機−無機ハイブリッド化技術を基盤とした材料の創製
    青山学院大学理工学部化学・生命科学科(神奈川県)2007年6月7日


4)  有機−無機ハイブリッド材料への道
    日本大学工学部物質工学科講演会(福島県) 2007年3月14日 


3)  有機−無機ハイブリッド材料の可能性
    高分子学会東北支部第3回東北支部活性化若手セミナー
    東北大学川渡共同セミナーセンター(宮城県) 2007年3月12-13日


2)  環境にやさしい材料 有機-無機ポリマーハイブリッドの可能性
    第20回静岡県立大学公開講座
    沼津労政会館ホール(静岡県)2006年11月4日


1)  <第54回 高分子学会年次大会報告6>京大,マイクロ波加熱を用いる粒子の新しい合成法を紹介
    日経ナノテクノロジー,2005年5月30日 (*リンクは「Tech-On!」のコンテンツです。)

Back